本1冊写真1枚

one book with a photo

太宰治が描く実朝「割れて砕けてさけて散るかも」な気持ち

*小説 撮影地:北海道&東北

十蒸十曝黒人参(人蔘)60粒 15g (250mgx60)×5個セット【05P03Dec16】:自然食品専門店くるみや - 02484

2019-11-01
カテゴリトップ>健康食品>植物性エキス>野菜
十蒸十曝黒人参(人蔘)60粒 15g (250mgx60)×5個セット【05P03Dec16】リピーター様専用市場でのご購入はこちら
※リピーター様専用市場入り口はこちら


送料無料

●1日2〜4粒を目安に水かぬるま湯でお召し上がりください。

原材料:黒人蔘濃縮エキス末、結晶セルロース、ステアリン酸カルシウム

販売元:株式会社ハンズ
栄養成分表(2粒当り)
エネルギー128kcalたんぱく質14mg
脂質12mg炭水化物317mg
ナトリウム0.106mg

温故知新!

人類の叡智、古(いにしえ)からの経験、そして現代の科学と
大自然の恵みそれはわたしたちに新しい生きる力を与えてくれる

1.十蒸十曝黒人蔘とは・・・

6年根の白高麗人蔘を厳選し、「40〜50℃の高温で8時間蒸すこと」と「日陰で焼く2ヶ月かけて乾燥すること」を1工程とし、それを10回繰り返します。白色の人蔘が紅色・褐色、そして黒色に変化して"黒人蔘"になります。この「十蒸十曝黒人蔘」の過程を経ることにより、長い時間と歳月をかけて十分に熟成され、新たなサポニンが人蔘内でつくられます。大きさ、重さは白人蔘から約1/3〜1/4に減少します。
※白人蔘は生の高麗人蔘(水蔘)を乾燥したものをいいます。
※紅人蔘は白人蔘を蒸気で7〜9時間蒸したものをいいます。


2.特許 0496418(KOR)

「十蒸十曝黒人蔘」は九蒸九曝の製法を現代に蘇らせ、さらに高水準にして生まれたものです。それ
ゆえ、従来の白・紅人蔘と比べても成分的にも違いが認められます。この比類ない高技術の製法と黒
人蔘の成分内容は、幾星霜もの韓国の高麗人蔘四条かつてない”韓国発明特許”を取得しました。

※参考:「九蒸九曝」とは・・・
漢方の製造方法として、韓国では古来より九蒸九曝の製法が伝えられています。しかし、高い技術力
と長い歳月を要することから現代では途絶えてしまい、"幻の人参"といわれるようになりました。有史
以来、極めて高貴とされ一般には汎用されていませんでした。


3."黒人蔘"の特徴

1.他の高麗人蔘原料と比較して、韓国では各種サポニン成分が多量に増加して含まれています。
また、「十蒸十曝」製造工程中に新たな活性成分が生成されます。


2."黒人蔘"は「十蒸十曝」製造過程で、人蔘組織の中のデンプン粒子をSol状態からGel状態に転換
するため、他の人蔘より消化吸収が優れています。


3.パナクサダイオール系のRg3サポニン成分が特に多く含まれて、他のサポニン成分との調和が取
れています。

【黒人蔘、紅人蔘、白人蔘のサポニン含有量の比較】
黒人蔘、紅人蔘、白人蔘のサポニン含有量の比較

各サポニン成分が通常の紅人蔘の倍以上を有し、さらに、「十蒸十曝」の製造工程中に本来持っていない、持っていても含有量の少ないG-Rg1、Rg2、Rg3、Rdといったサポニンを3倍以上に増やし、尚且つ、安定を維持する為に必要な、鎮静サポニンと興奮サポニンをバランスよく配合されたものになっています。